関西元気文化圏 - イベントを検索する -

タイトル


イベント検索

フリーワード
※事業名、主催者名が検索対象です。
開催場所
開催日
事業分野
 
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   next >> 

voice of KYOTO とは、
京都や日本の感性を生かした企画・プロデュースを手掛けるROCKACT の宮下直樹が責任編纂するウェブマガジン。

京都の街が生み出す、
今の時代の感性を掛け合わせた ヒト・モノ・コト について、
独自の審美眼や価値基準においてウェブメディアとして発信します。

開催日
2007年10月11日 ~ 2017年10月10日

世界文化遺産国宝姫路城がある姫路市に於いて、子供たちが伝統文化としての書道の本質を学びながら、パフォーマンスをする事により、描く魅力を追い求め、書道文化の発展に寄与すると共に、芸術文化での青少年育成を促進し、地域交流の活性化を図る事を目的として平成25年5月に結成されました。2015年(平成27年)は、3月の姫路城グランドオープンに伴い開催されたイベントを始め1年間を通じ8つのイベントに参加させて頂きました。

開催日
2016年01月01日 ~ 2016年12月31日

指揮/寺岡 清高 (常任指揮者)
ソリスト/関西二期会
ナビゲーター(予定)/三代澤 康司 (ABCアナウンサー)

◆モーツァルト
歌劇「魔笛」K.620 抜粋・演奏会形式

開催日
2017年02月04日

指揮/外山 雄三(ミュージック・アドバイザー)

◆バッハ
管弦楽組曲 第3番 ニ長調 BWV1068
◆ベートーヴェン
交響曲 第9番 ニ短調 作品125 「合唱付き」

■詳細/未定

開催日
2016年12月27日

この展覧会は、小学生・中学生の書写書道の技術向上を図り、書道を通してより豊かな人間形成に役立てることを目的とした展覧会です。日本書芸院の創立60周年を記念して平成18年より開催されました。毎年、全国から約2万点の作品が出品され、各学年の成績優秀作品「ベスト100」・「準ベスト50」選出しています。平成28年も第11回展を下記のとおり開催いたします。小学1年生から中学3年生まで多数の出品を期待します。

開催日
2016年08月31日 ~ 2016年12月31日

元小学校の京都市学校歴史博物館で,音楽や発声の基礎を楽しく身につけ,1年間活動します。
講師:中谷幸治先生
(上京コール・アミ,城巽コーラス,北区民合唱団などを指導)
ピアノ:柿木朋子先生
   (京都洛中ロータリークラブ例会ピアニストなど)

開催日
2016年05月12日 ~ 2017年03月23日

文化芸術を新たな視点から捉えた独創的な「知恵」を募集し、京都においてしっかり育て、高い文化力を持つ、生き生きとした社会を創ることを目的にビジネスにつながるアイデアを募集

開催日
2016年06月01日 ~ 2017年03月31日

近畿大学文芸学部では、芸術学科、文学科、文化歴史学科、文化デザイン学科がコラボレーションする学内イベントとして、舞踊、ダンス公演に本学だけでなく、奈良の福祉施設「たんぽぽの家」との共同公演を予定。芸術学科の作品展示、アニメーション上映会、写真展、シンポジウムなど様々なプログラムを2017年1月まで開催を予定しています。

開催日
2016年05月31日 ~ 2017年01月30日

江戸時代から明治にかけて全盛を誇った講談(講釈)。
時代を反映した最もタイムリーな出来事を、威勢のいい張り扇の音と共に、独特の調子で読み上げる、講釈師達の話芸は人々の心を鷲掴みにしていました。
しかし、時代のうつろと共にいつのまにか講談を聞く為の場「釈場」が姿を消し、今では定席の釈場は皆無に等しいまでに・・・。
コスモスシアターでは、この後生に伝え続けなければならない伝統の灯火を消さないよう「釈場」の復権を目指し、昨年より活動を開始しました。
「観覧簿」も発行し、「通う」という楽しみもプラス。皆様どうぞ、コスモスシアターの釈場へ!

第19回【演目】◎「難波戦記」特集  
    旭堂 南左衛門「真田幸村と大助」 他
第20回【演目】
    旭堂 南華 「報恩出世陣俥」    他
第21回【演目】◎南陵一門襲名披露公演
    旭堂 南陵 「幸助餅」   他
各々14時公演
釈場:コスモスシアター小ホール(全席自由)

開催日
2016年07月31日 ~ 2017年03月11日

全国公募、応募者ご自身の着たい着物のデザインコンクール。入賞作の内、優秀作品は手描友禅により着物として創作、同時発表します。

開催日
2016年10月28日 ~ 2017年02月28日
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   next >>