関西元気文化圏 - イベントを検索する -

タイトル


イベント検索

フリーワード
※事業名、主催者名が検索対象です。
開催場所
開催日
事業分野
 
<< prev 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   next >> 

 今から約150年前、明治時代になると、しだいに全国各地に小学校が設置されていきます。この、江戸時代にはなかった近代の産物である小学校の特徴は、国で統一されたカリキュラムによって、様々な教科を、一斉授業で教えることを目指したところにありました。当時はまだ「道徳」という科目はありませんでしたが、修身科が設置され、この修身科を中心にして道徳教育が行われました。
 本展では、明治初期から第二次世界大戦期までの小学校における道徳教育のあゆみを、様々な史料を通して振り返ります。

開催日
2017年12月16日 ~ 2018年04月15日

13:15 開場
14:00 開演
≪講演I≫
 石川 肇 (国際日本文化研究センター助教)
 反転する井伊直弼―マッカーサーと大河ドラマのつながり(60分)
15:10~15:30 休憩
≪講演Ⅱ≫
 安井 眞奈美(国際日本文化研究センター教授)
 パラオの女性首長が見た日本(60分)
16:30 終演

開催日
2018年03月16日

幼児・小学生・中学生・高校生による囲碁大会。棋力別トーナメント戦を実施。囲碁対局を通じ、児童生徒の心身の発達およびコミュニケーション力を助長し、ひいては学校教育現場への囲碁授業導入を目指す。プロ棋士を招聘、初心者クラスも設置し囲碁普及をも目論む。成績上位者には表彰状と副賞授与。参加者による抽選会あり。

開催日
2018年05月27日

野山真希(ピアノ)谷本華子(ヴァイオリン)金子鈴太郎(チェロ)によるベートーヴェンピアノ三重奏全曲演奏会 Vol.1

開催日
2018年03月22日

当教室では、年中から高校生までの約200名の生徒が、普段の授業の基礎教育・合唱・合奏・リトミック・作曲・鑑賞のそれぞれの授業で習得した成果を演奏会で発表することによって、音楽を愛する心や表現力、協調性などを育んでいます。
毎年秋には定期演奏会、また3月にはオペレッタ公演とスプリングコンサートを交互に隔年で開催しています。
今回の創作オペレッタはロシアの児童文学作家サムイル・マルシャークによる「森は生きている」です。当教室の作曲クラスの子どもたちによるオリジナル曲作りをはじめとし、歌や演奏、演技、舞台裏の仕事を通して、ひとつの舞台をみんなでつくりあげます。
どなたでもご入場いただけます。ぜひお越しくださいませ!

「森は生きている」〜あらすじ〜
新しい年を迎える大みそか、わがままな女王が真冬のさなかに春の四月に咲くマツユキソウがほしいと言い出したため、国じゅうは大騒ぎ。ほうびの金貨に目がくらむ継母と姉娘のいいつけで、一人の少女が吹雪の中マツユキソウを採ってくるようにと夜中の森に追いやられる。そこで少女が出会ったのは...

開催日
2018年03月11日

大阪の御堂筋沿いの企業ビルのエントランス、ウィンドウや神社仏閣の境内等約30箇所に、約70名の作家の展示を行います。
御堂筋を歩きながら、どなたでも気軽に作品鑑賞を行えます!

開催日
2018年05月16日 ~ 2018年06月14日

この演奏会の核となる、ニコラウス・レーナウの6つの詩に12世紀カトリックの作者不詳のレクイエムの詞を組み合わせ作曲されたOp.90は、1850年8月、奇しくもレーナウの死の直前に作曲され彼の追悼曲の様になった。
1840年《歌曲の年》に書かれた名作達の陰に隠れあまり頻繁に取り上げられる事の無い作品ではあるが、円熟の境地に達しながらも少しずつ病に蝕まれ始めていたシューマンが、友人の死に対峙し自身を共鳴させるかの様に生み出した傑作の一つである。
今回、全曲演奏機会の少ないOp.90の三名によるセミステージ形式での演奏に、各人の特色を濃厚に打ち出したソロを組み合わせたプログラムでシューマンの歌曲の様々な表情に光を当てる
出演
新屋良太 テノール
大西信太郎 バリトン
黒田まさき バリトン
白鷹里衣子 ピアノ
竹中敦子 ピアノ
殿護弘美 ピアノ

開催日
2018年04月20日

飛鳥地域での継続的な発掘調査により、小山田遺跡は古墳であることが確定し、牽牛子塚古墳では築造に際し大規模な土木工事を行っていたことがわかりました。飛鳥京跡苑池では、池に附属する施設の様相が判明しつつあります。
また、藤原宮跡の調査では、大極殿南面の階段が確認され、朝堂院朝庭において、大宝元年(701)の元日朝賀の際に幢幡を立てたとみられる柱穴が見つかるなど、大きな成果が挙がっています。
今回の展示では、これらの遺跡を中心に、2015・2016年度に飛鳥藤原地域で行われた発掘調査の成果を紹介します。

開催日
2018年01月26日 ~ 2018年03月18日

オーケストラ演奏会
曲目:■ショスタコーヴィチ/祝典序曲■ラフマニノフ/パガニーニの主題による狂詩曲■チャイコフスキー/交響曲第5番
指揮:米山 信、新谷 武
演奏:吹田市交響楽団

開催日
2018年04月29日

宝塚市交響楽団の次の定期演奏会は、19世紀ドイツ音楽の潮流をたどる名曲を楽しんでいただく企画です。
曲目:ヨハン・シュトラウス2世 喜歌劇「こうもり」序曲
   リヒャルト・シュトラウス 交響詩「ドン・ファン」
   ベートーベン  交響曲第2番 ニ長調 作品36
演奏:宝塚市交響楽団
指揮:佐々木新平 

開催日
2018年06月10日
<< prev 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   next >>