関西元気文化圏 - イベントを検索する -

タイトル


イベント検索

フリーワード
※事業名、主催者名が検索対象です。
開催場所
開催日
事業分野
 
<< prev 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   next >> 

世界文化遺産国宝姫路城がある姫路市において、子供たちが伝統文化としての書道の本質を学びながら、パフォーマンスをする事により、描く魅力を追い求め、書道文化の発展に寄与すると共に、芸術文化での青少年育成を促進し、地域交流の活性化を図る事を目的として平成25年5月に活動が開始され、毎年4月に開催される世界自閉症啓発デー「ライト・イット・アップ・ブルー」や姫路お城まつり市民パレード、良さ恋まつり、姫路環境フェスティバルなどの姫路市内で行われる各イベントで迫力ある文字を披露しております

開催日
2018年01月01日 ~ 2018年12月31日

第3回となります今回の演奏会ではソリストに池田菫さんをお招きしてショパンのピアノ協奏曲はじめとして以下の曲目に挑戦します。
今回もアンサンブル・ゼローソらしい、熱く煮え滾るような、それでいて自由闊達な演奏会をお届けします。ぜひご来場ください!!

I.ストラヴィンスキー
弦楽のための協奏曲〈バーゼル協奏曲〉
F.ショパン
ピアノ協奏曲1番Op.11
B.バルトーク
弦楽のためのディベルティメントSz.113
A.ドヴォルザーク
弦楽のためのセレナーデOp.22

開催日
2018年08月18日

関西学生混声合唱連盟第49回定期演奏会
2018年5月27日(日)
@京都コンサートホール大ホール
開場 14:00
開演 15:00
チケット1000円
合同ステージ
混声合唱とピアノ連弾のための
二つの祈りの音楽
作詞 宗左近
作曲家 松本望
客演指揮 本山秀毅
客演ピアノ 船橋美穂、船橋茉莉子

開催日
2018年05月27日

水墨画の美しいにじみを油絵で表現する技法を独自にあみだし、世界で高い評価を受けているマークエステル。
神社奉納活動で神社本庁からも表彰され、世界に向けて日本の精神文化を紹介する姿勢が評価され、
「文化関係者文部科学大臣表彰」を受け、日本神話の魅力を発信し続けています。
豊かな色彩で花々や風景などの自然の美しさと、自然を大切にする日本神話の世界を題材に描いた作品の数々を、この機会にぜひご覧ください。

開催日
2018年02月21日 ~ 2018年02月27日

閑静な住宅街にある私設美術館で、
兵庫県出身の画家・笹倉鉄平(1954~)の企画展を開催いたします。
笹倉鉄平は“光の情景画家”と称され、その多彩な光の表現は、
観る人の心に“希望の明かり”をともすと言われています。
犬・猫それぞれ似合う風景は違っても、その愛らしい姿には自然と心ほぐされます。
あっちを向いたり、こっちを向いたり、走ったり、のんびり座っていたり。
また、立ったり、歩いたり。寝転んで、ゴロゴロ、すやすや・・・
暮らしの中で潤いや優しさを与えてくれる犬や猫に囲まれた心癒される光景をお楽しみください。

展示予定作品数:描き下ろし作品4点を含む約22点の油彩・淡彩画等の作品を予定

開催日
2018年01月07日 ~ 2018年04月09日

閑静な住宅街にある私設美術館で、兵庫県出身の画家・笹倉鉄平(1954~)の
企画展を開催いたします。
笹倉鉄平は“光の情景画家”と称され、その多彩な光の表現は、観る人の心に
“希望の明かり”をともすと言われています。

ヨーロッパのみならずアメリカ・カナダを描いた新作も含め、
遠く旅しているような気分に――

開催日
2018年04月19日 ~ 2018年07月02日

アメリカやカナダで暮らす先住民の生活道具や工芸品を一堂に集めて紹介します。ユニークな幾何学文様が散りばめられた土器、水も漏らさぬほど編み目が細かいバスケットなど、いずれも日本国内では収蔵例が少なく、貴重な民族資料です。時に厳しさを見せる大自然の中で、英知を絞り、自然を克服するのではなく、敬意をもって調和することを志向してきた北米先住民の伝統文化は、今日の私たちにとっても学ぶところが多いはずです。

開催日
2018年04月04日 ~ 2018年06月04日

 廊下ミニ展示として、ジオラマ模型や市電模型、昭和の京都の写真など、幅広い年代に懐かしい雰囲気を感じていただける作品を展示します。
 昭和20~40年代頃の京都の町並みや市電にスポットを当て、所蔵する写真をパネルで紹介します。また、市電や京都の町並を含むジオラマ模型、さらに市電北野線の模型など計10点が並びます。年代を問わず来館者がそれぞれ抱いている当時の様子に思いを振り返ることができる展示です。

開催日
2018年02月03日 ~ 2018年03月16日

平成30年度大槻能楽堂「能の魅力を探るシリーズ」は一年間で日本全国の能の舞台となった地域や史跡を巡ります。
初回は「洛陽の春」シリーズとして、「西行桜(素囃子)」を上演致します。
西山の西行法師の庵の桜は今が盛り。噂を聞きつけ多くの見物人が訪れるが、この桜のせいで静かな暮らしを乱されたという和歌をつい口ずさむ。するとその夜、西行の夢に桜の精の老人が現れ、桜に咎はないと述べ、静かに桜の名所をあげ、舞を舞い(序ノ舞)、夜明けと共に姿を消す。閑寂な美しさを湛えた老体の能をご堪能下さい。

講演 中西進「京洛の花と西行」
能「西行桜(素囃子)」
梅若玄祥/福王茂十郎/善竹隆平/大槻文藏他

開催日
2018年04月28日

日本全国の能の舞台となった地域・史跡を巡るシリーズ第一弾「洛陽の春」第二回は能「百萬(法楽之舞)」・狂言「花折」を上演致します。

大念仏の行われる日、吉野の里人が大和・西大寺で拾った幼子を連れてやって来た嵯峨・清凉寺。境内では念仏を唱え踊る女物狂・百萬が評判だった。百萬は狂人の態で法楽の舞を舞い、生き別れた我が子の姿を探し求め、仏に子との再会を祈念すると・・・。

能「百萬(法楽之舞/ほうらくのまい)」浅井文義/福王和幸/三島元太郎他
狂言「花折」善竹隆司/善竹忠一郎/善竹隆平他

開催日
2018年05月19日
<< prev 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   next >>