関西元気文化圏 - イベントを検索する -

タイトル


イベント検索

フリーワード
※事業名、主催者名が検索対象です。
開催場所
開催日
事業分野
 
<< prev 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   next >> 

 徳島県は、全国初となる二度の国民文化祭の開催を通して、ベートーヴェン「第九」を「あわ文化」の4大モチーフの一つに据え、その魅力発信に取り組んで参りました。
 2018年(平成30年)は、「第九」アジア初演100周年の節目であり、平成27年度からホップ、ステップ、ジャンプという形で演奏会を実施し、徳島県の「第九」の魅力を国内外に発信しております。
 今年度は、その「ジャンプ」の年として、「第九」アジア初演100年目の記念すべき演奏会となります。運営や演出などに工夫を凝らし、合唱団の皆さんに、徳島で「第九」を歌う喜びを味わっていただける演奏会を計画しております。
 第九の聖地・徳島で歓喜を分かち合いましょう。

・演奏曲目
 ベートーヴェン/交響曲第9番ニ短調作品125「合唱付き」
・演 奏
 指 揮 秋山 和慶
 管弦楽 とくしま国民文化祭記念管弦楽団(通称:とくしま記
     念オーケストラ)
 合唱団 世界に広がれ!とくしま“歓喜の歌”合唱団 


開催日
2018年02月12日

“今年こそ大学ミュージアムへ 京都の大学ミュージアムを回って知と美と素敵な景品を手にしよう”
本事業は、2011年に文化庁の助成を受けて成立をした、現在、京都市内の14の大学ミュージアムからなる「京都・大学ミュージアム連携」が、京阪ホールディングス株式会社、京阪電気鉄道株式会社の協力を得て企画した所属館14館をめぐるスタンプラリーです。各館で展覧会を見学して、スタンプを集めると抽選で素敵なミュージアムグッズがあたります。

参加ミュージアム:
大谷大学博物館、京都外国語大学国際文化資料館、京都教育大学教育資料館まなびの森ミュージアム、京都工芸繊維大学美術工芸資料館、嵯峨美術大学・嵯峨美術短期大学附属博物館、京都産業大学むすびわざ館ギャラリー、京都市立芸術大学芸術資料館、京都精華大学情報館・ギャラリーフロール、京都造形芸術大学芸術館、京都大学総合博物館、同志社大学歴史資料館、佛教大学宗教文化ミュージアム、立命館大学国際平和ミュージアム、龍谷大学龍谷ミュージアム

開催日
2017年09月30日 ~ 2017年12月09日

哀切に満ちた調べで花街を彩ってきた新内をはじめ、三味線音楽を楽しむひととき。新内研進派家元新内志賀がご案内します。

◆出演
新内志賀(三味線と語り)
新内志賀桜(上調子)
ゲスト:滝本ひろ子(笛・太鼓) 森 美和子(笛)

■プログラム
古典新内「明烏夢泡雪」
落語より新作新内「火焔太鼓」 ほか

開催日
2017年12月06日

日本と中国にしかない書道文化の振興と普及に努め、書道展を通じて広く学生から一般の熟年世代まで書を通しての交流を深め、書の発展に寄与するため半世紀を越える展覧会を続け継承しています。

開催日
2018年02月27日 ~ 2018年03月04日

蘇東坡(名は軾、字は子瞻、号は東坡、1037~1101)は、中国宋代を代表する文人です。若くして高級官吏となりましたが、政争に巻き込まれ、波乱に富んだ生涯を送りました。詩文書画においては当世一流で、とりわけ不屈の意志、深い人間愛に溢れた力強い詩文は高く評価されています。「春夜」、「赤壁賦」などは今日もなお不朽の名作として知られています。
近代日本に至り、蘇東坡をこよなく敬愛したのが、文人画の巨匠富岡鉄斎(1836~1924)でした。生日を同じくした奇縁を喜び、関係書籍を洩らさず蒐集し、自らを「東坡癖」と称しました。
蘇東坡生誕980年を記念して開催される本共催展では、鉄斎美術館所蔵の富岡鉄斎旧蔵資料、関連作品を通じて東坡の世界をご覧いただきます。聖光文庫の図書を交えた展示をお楽しみください。

開催日
2017年12月03日 ~ 2018年02月11日

とんちで有名な一休さんのお寺「一休寺」にて定期開催中のクラシックコンサート。企画、ナビゲーターはサックス&ピアノユニット「ティーモ」(中地聖子(サックス)、竿下和美(piano))
今回はゲストにマリンバ奏者北原三央さんを迎えて、クラシック~ポップスのクリスマス音楽を演奏します。

開催日
2017年12月10日

龍谷大学交響楽団による第24回定期演奏会です。
龍谷大学交響楽団は毎年二回、近畿圏のホールを借りて演奏会を開催しております。
今回の演奏会は今年二回目の演奏会で、京都府長岡京市にある長岡京記念文化会館で開催します。
入場無料ですのでお気軽にお越し下さい。

曲目
交響曲第6番/ドヴォルザーク
「ペール・ギュント」第1組曲/グリーグ
喜歌劇「天国と地獄」序曲/オッフェンバック
客演指揮 脇坂 英夫 学生指揮 佐藤 佑哉

開催日
2017年12月16日

明治の面影を残す兵庫県公館で実施するコンサート。気品漂うサロン風の会場は、出演者と客席との一体感に加えてソフトドリンクサービスなど、他のホールでは味わうことのできない雰囲気があると好評を得ております。
今回の演奏会では、豊嶋泰嗣(ヴァイオリン)、村尾美咲(ピアノ)を迎え、「豊嶋泰嗣ヴァイオリンリサイタル」と題したコンサートを開催します。

開催日
2018年01月13日

多くの国々では花は 美と生命を象徴するものとして 日常生活や儀礼の荘厳に取り入れられています。花の装飾様式にはお国ぶりがあり、さまざまな創意工夫と趣向が見られます。なかでも日本のいけばなは、自然と人間の共生の世界観を反映した独特の装飾様式を編み出しています。まさに美花の移ろいと旬で 小宇宙を構成していると言えるでしょう。また、いけばなの手技は長きにわたる厳しい花道の修練を貫いて、より確かなものとなっていくことも 皆様よくご存知のことでございます。
まず、第一線でご活躍なさっているいけばなの名人に「いけばなの美とその瞬間(講演1)」、「点から線へ(講演2)」と創作実践を中心にご講演をいただきます。さらに、花道の思想史的観点から「いけばなの時間論-花の中の瞬間と永遠-(講演3)」の基調講演を満喫していただきます。

講演1 「いけばなの美とその瞬間」
肥原慶甫(未生流家元)

講演2 「点から線へ」
池坊専好(池坊次期家元)

講演3 「いけばなの時間論-花の中の瞬間と永遠-」
井上治(京都造形芸術大学准教授)

開催日
2017年12月03日

プッチーニ作曲オペラ「トスカ」
(全3幕/イタリア語上演/日本語字幕付き)

最後まで目が離せない「天才・プッチーニ」の絶大な人気を誇る恋愛サスペンス。
当日、オペラ「トスカ」を鑑賞して頂く前に、
オペラの楽しみ方やこの作品の見どころ聴きどころを
指揮・宮﨑優也が楽しくわかりやすく解説します(18時30分より会場内にて)

出演

指揮/宮﨑優也

トスカ/矢倉愛
カヴァラドッシ/竹内直紀
スカルピア/松澤政也
アンジェロッティ・シャローネ/西村明浩
合唱/トスカ特別合唱団(岩出・紀の川第九合唱団有志)

ピアノ/伊原敏行

アンサンブル・フェリーチェ
 バイオリン 阿佐聖姫子
       小倉浩晃
       滝 恵美
  ヴィオラ 中野裕子
  チェロ  北川しのぶ
  コントラバス 小倉充子

ナレーション 福山ひでみ

 


開催日
2017年12月22日
<< prev 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   next >>