関西元気文化圏 - 河合隼雄 元文化庁長官メッセージ -

kansaibunkaryoku.png


関西元気文化圏構想趣意書
(平成15年5月)

col1_p01.gif

私が文化庁長官に就任したときに「文化で日本を元気にしよう」ということを抱負として語りました。以来一年以上、文化ボランティアや文化芸術の振興のため、日本全国を飛び回りました。そして、多くの素晴らしい活動をしている人々に出会いました。

 日本には、元気で、素晴らしく、底力のある方々が沢山います。決して、経済不況で疲れてしまっている現状が、日本の全てではありません。

 ただ、今は政治、経済、そして文化もが東京に一極集中しすぎています。それゆえに、各地域の方々が持っている底力が、下の方に沈んでしまって見えないだけなのです。これを表に見えるようにすることができれば、きっと日本は元気になれる。それが今、私が考えていることです。
 そのために、まず関西から始めましょう。関西には、すでに歴史と文化の蓄積があります。皆さんの底力を発揮する為の場があります。それを使って、皆さんの元気を、底力を、日本全国、さらには世界へと向けて発信していくのです。

 私たちは、そのお手伝いをさせてほしいと思っています。光の当たらなかったところに光を当て、底に沈んでいるものを下からかき混ぜて新しい動きを起こしていきましょう。

 文化庁や国の力で皆さんが元気になるのではなく、皆さんが既に持っている元気を、底力を他の地域の人たちにも分けてあげられるように、皆で力を合わせ、一緒に頑張っていきましょう。

発起人代表 元文化庁長官 河 合 隼 雄