関西元気文化圏 - 関西元気文化圏賞2006 -

kansaibunkaryoku.png


関西元気文化圏賞

2006年受賞者

受賞者

大 賞
天満天神繁昌亭開設準備委員会
ニューパワー賞
Team OSAKA
兵庫芸術文化センター管弦楽団
滋賀県立野洲高等学校サッカー部

受賞理由

大 賞  天満天神繁昌亭開設準備委員会

 関西において戦後60年ぶりとなる上方落語の定席を復活させ、上方落語界を活気づかせるとともに、大阪・関西のエネルギーを全国に発信しました。社団法人上方落語協会、天神橋筋商店連合会、大阪天満宮が協力し合い、多くの住民や企業等の寄付で建設費が賄われたことも注目に値します。
 開場以来、連日大入りが続き、上方落語の継承・発展や上方文化振興に大きな役割を果たし、上方文化の新たな発信拠点になると期待されています。

ニューパワー賞  Team OSAKA

 ヴイストン株式会社、株式会社システクアカザワ、京都大学ベンチャーロボ・ガレージ、大阪大学 石黒研究室、株式会社国際電気通信基礎技術研究所によるロボット研究開発コンソーシアム。開発ロボットが「ロボカップ世界大会」で3連覇を達成するなど、高い技術力により「RT都市・大阪」を世界にアピールしました。
 ロボット開発拠点に向けた産学連携による環境整備は高い評価を受け、ロボカップ国際委員会本部がスイスから大阪市に移転されることも決定し、大阪・関西におけるロボット関連の研究開発やビジネス発展が期待されています。?

ニューパワー賞  兵庫芸術文化センター管弦楽団

 2005年10月にオープンした兵庫県立芸術文化センター専属オーケストラ。世界各地のオーディションで選ばれた35歳以下の若手演奏家で構成され、佐渡裕芸術監督の下、古典から現代曲まで大小さまざまな編成で質の高い多彩な公演を行い、クラシック音楽振興に大きく寄与しました。
 兵庫県内の全中学1年生を対象にした、青少年芸術体験事業「わくわくオーケストラ教室」は、非常に好評を博し、青少年へのクラシック音楽普及にも貢献しました。?

ニューパワー賞  滋賀県立野洲高等学校サッカー部

 第84回全国高等学校サッカー選手権大会にて初優勝。選手一人ひとりの個性を生かした指導により、ワールドカップやオリンピックなど世界基準のサッカーを目指すレベルの高い選手たちを育てた。「セクシー・フットボール」という独創的なサッカースタイルを構築し、個人技の優れた選手による華麗なサッカーは全国のサッカー関係者を驚かせ、多くの人に夢と感動を与えました。
 また、中学生対象の地元クラブと連携した、いわば6年間の一貫教育も注目を浴びました。?